WE LOVE MONEY 2

アラフォーの独身女会社員が日常を綴る。主に趣味のジョギングや時短の自炊料理について

借金

【家計簿:借金】借金をつくるまで #1

投稿日:2013年7月8日 更新日:

奨学金を含めて最大で230万円の借金を抱えた私が(現在は完済しています)、どのように借金を膨らませていってしまったのかを綴っていきます。酒のつまみにしていただいてもいいですし、個人的にはこれから親元を離れて新生活を始める若い人に読んでもらえればいいなと思います。

第1章 右も左もわからない新社会人時代

予算2万円オーバーの賃貸に住む

私は社会人になるまで、実家で生活をしていました。食事の準備から、洗濯物まで親任せ。そして、アルバイトで稼いだお金は全て自分のお小遣いになっていました。自由になるお金は月に8万円くらいだったかな?そんな経済的に自堕落に生活していた私ですが、就職をきっかけに実家から電車で30分ほど離れたところへ一人暮らしをする事にしました。

元来、私の性格は内向型であまり外出するのが好きではなかったので、その分時間を多く過ごす事になるだろう自宅にはこだわりたいと思っていました。物件を決める上で譲れなかったのは以下の2点でした。

  • 食事をとる場所と寝る場所は別がいい
  • 築年数が浅い できれば新築

物件を探し始めたのが、卒業試験が落ち着いた2月の上旬頃。当然ですが駅近のいい物件に決めようと思ったらこの時期は遅すぎるくらい。いくつか物件を見せてもらったものの、上記条件に当てはまるものはナシ。そんな中、不動産仲介業者が「あまりオススメではないですが…」とコメント付きで提示した物件。最寄り駅から1時間くらいかかる場所であるものの、条件を満たしていました。家賃は6万円。しかも使用の有無を問わず、強制的に駐車場代を支払うシステムで5000円追加で計65000円。(今思えば、不当ですが完全に足元見られていましたね)

これ以上探すのも面倒で、即決しました。
就職先から提示されていた初任給は198000円。家賃は手取りの1/4が妥当といわれている中、駐車場代もあわせると約2万円オーバー。出不精だしなんとかなると思っていたし、なんとかなったんですよね、半年間は。

10月から奨学金の返済が開始

そうなんです。奨学金の返済のことをすっかり忘れていたんです。その額月に12000円。もともと2万円オーバーの家賃が奨学金返済で手取りが減り、実質3万円オーバーに。いやぁ…あれから10年以上経過してこれを書いていますが、本当に馬鹿なのか?と思いますね。世間知らずだったんだと思います。

とは言っても、幸いにして外出が好きではなく出費もそんなになかったので生活に苦労することはありませんでした。週末はほぼ仕事で疲れて家に引きこもっていたしね。でもこれが後々借金を加速していく土台になっていった事に、当時の私は知る由もなかったのです。

反省点 ここから学んだ事

  • 新居を決める際は借金(奨学金を含む)を差し引いて残る分から逆算して決めよう
  • 収入の25%の家賃設定は高い…

という事をこの時学びました。実際に自覚したのはだいぶ後ですが…。奨学金の支払い以外にも、大まかな生活費をネット検索して参考して、家賃を逆算するのもいいですね。

最近は奨学金の未払い等が話題になっているので、私の時よりかは奨学金=借金(いや、そもそも日本で一般的に使われている奨学金って学生ローンだからな)という認識が根付いてきたと思うので、私のような失敗をする人はあまりいないとは思いますが…。ただ、私の時もそうでしたがその辺を指摘してくれる人って意外といないんじゃないかって推測してます。

一回賃貸物件を決めてしまうと、引っ越しって経済的にも物理的にもすごーく大変なのでここを間違えると私みたいに大変なことになりますよぉぉ

-借金
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

ブログの主 マネミリ

30代なのに、貯金が(あんまり)ない、彼氏もいない、結婚の予定もない。ないない尽くしだけども借金だけはある。まずは借金返済!

詳しいプロフィールはこちら

follow us in feedly

記事カテゴリー